1. TOP
  2. オロナインでイボ治療が出来る?

オロナインでイボ治療が出来る?

イボ治療商品や成分
この記事は約 3 分で読めます。 481 Views
オロナイン

オロナインは、殺菌と保湿がメインの塗り薬で、傷口、ニキビ、はたけ、やけど(軽度の物)、ひびしもやけ、あかぎれ、水虫、たむし、いんきん、しらくもに効果があり雑菌を抑えるために使用するものと商品説明には記載されています。

ニキビには化膿や殺菌という意味でかなり効果があると言われています。

しかし、あくまでも殺菌、保湿の薬のため イボに効果があるとは、オロナインには記載していません。 

最近では毛穴パックの前にオロナインのパックをするなど様々な使用をする人なども増えてきています。
このように効果を見ると オロナインは殺菌と保湿が基本なため化膿するのを防止するなどを目的としているのでバイ菌やウイルスに無関係のイボには効果があるとは言えません。 

オロナインは万能的に肌のトラブルに効果があると思っている人がイボもとれちゃうと思った可能性があります。

首イボにはアクロコルドンとスキンタッグと呼ばれるものが大半です。

 

アクロコルドンとは?

お年寄りによくみられるアクロコルドンは首回りが多いが皮膚の柔らかい目の下や脇などにもできることがありますが、悪性腫瘍ではなく良性腫瘍なので心配はありません。

この首イボを取るにはレーザー治療、液体窒素による凍結治療、内服薬で治療、自宅でオイルや軟膏を塗るなどがあります。

凍結治療は保険がききますが傷跡が残りやすいといったデメリットがありますがレーザー治療は傷跡が残りにくいというメリットもあります。

しかし、どちらもイボを完全にとってしまうため1度では取れず治療に時間がかかってしまうようです。

また、内服薬やオイルや軟膏は時間はかかりますが痛みやコストといったものはレーザー治療や凍結治療に比べ楽に行うことができます。

 

スキンタッグとは?

スキンタッグは胸元や首筋にぽつぽつできるものです。

中には オロナインでこのイボが取れたと言う人もいるようですが効果はない ので使用は控えるべきです。

スキンタッグの原因は睡眠不足や紫外線のダメージによっておこるイボです。

原因は老化ですが最近は不摂生が原因で若い人にも表れています。

小さいものであれば全く痛みを感じずに病院で取ってもらえますが時間がたって大きくなった物は痛みをかなり感じるようなのでできたら早めに病院で除去してもらうことができます。

また、美容目的として、アクロコルドンと同じように治療ができますがスキンタッグも基本良性腫瘍なので安心です。
しかし、どちらも良性腫瘍ですが、急に大きくなった、色が黒っぽくなってきた、痛みやかゆみなどの症状があるなど少しでも異常がある場合は悪性腫瘍の場合もあるので自己判断せず病院で診断してもらうことが大切です。

スキンタッグについてはこちらの記事をご覧ください。

1度できると自然に治すことはできないため病院で治療するか市販のイボ専用の軟膏などを購入しイボを取ることが必要です。

また、日ごろから紫外線や衣服、アクセサリーの摩擦、食生活や生活習慣も見直すなど内側も外側も肌へのダメージを防ぐことが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

首イボ治療を簡単に自宅で行う方法を紹介しています。の注目記事を受け取ろう

オロナイン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

首イボ治療を簡単に自宅で行う方法を紹介しています。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nana

nana

現役国立医学生nanaがスキンタッグや老人性イボなど首に出来てしまったイボの治療方法を紹介しています。
それぞれの首イボ治療方法のメリットやデメリット、費用や保険についてなどわかりやすく解説できるよう心がけています。

こちらもオススメ

  • イボを化粧水で治すことはできるの?

  • バイオイルでイボがとれるってホント?バイオイルの効果や評価について

  • アプリアージュオイルを使用してイボを取るなら

  • ナスのヘタでイボがとれる!?ナスに含まれる植物性アルカロイドの効果とは

  • 馬油を塗ることで悩んでいたイボにさようなら

  • 木酢液でイボ治療は出来る?木酢液の効果や注意点など