1. TOP
  2. 首のザラザラは一体何?首や顔に出来やすいイボ「スキンタッグ」の原因と治療方法

首のザラザラは一体何?首や顔に出来やすいイボ「スキンタッグ」の原因と治療方法

イボの種類について
この記事は約 11 分で読めます。 1,029 Views

首にザラザラのできものが生じた際に良く見かけるのが 「スキンタッグ」 と呼ばれるものです。

小さなイボですが、顔や首にできるとザラザラになり目立つため治療されることが多い疾患です。

スキンタッグ以外にも似たような首イボはたくさんあり、中には放置すると良くない首イボもあるので注意しなければなりません。

ここではスキンタッグが起きる原因・症状・治療などをまとめています。肌に小さな首イボが出てきた時には、スキンタッグの可能性を考えましょう。

 

 

スキンタッグとは

皮膚にできたザラザラする小さな首イボはスキンタッグの可能性があります。スキンタッグとは良性の腫瘤のことをいい、正式名称を軟性線維腫と呼びます。

以前はスキンタッグのことを「老人性イボ」と呼んでいたこともありましたが、スキンタッグは老人のみにできるのではなく、長年皮膚に刺激を受けた人の多くが老人というだけですから、若い方でもスキンタッグを生じる可能性はあります。現在では、若い人では20代でもスキンタッグを発症するといわれています。

スキンタッグの大きさは1mm~5mmほどのものが多いです。小さな首イボですが垂直方向に伸びることがあり、つまめるほど長くなる場合があります。

スキンタッグは皮膚に刺激が加わると生じやすく、紫外線などをたくさん浴びてきた方に多いのが特徴です。紫外線以外にも摩擦などが加わることでスキンタッグを発症するリスクが高まります。

 

スキンタッグができる原因

スキンタッグができる原因の多くは刺激によるものです。外的刺激にさらされているほど発症しやすくなるので、老人に多いのが特徴です。

紫外線

紫外線は皮膚にある細胞に傷害を与えるので、スキンタッグができやすくなります。

紫外線が当たりやすい場所ほどスキンタッグができやすく、顔や首、胸などにスキンタッグができやすいのは紫外線を浴びやすいからと考えられています。

 

 

機械的刺激

首に摩擦などの刺激が加わると、ザラザラのスキンタッグができやすくなります。

スキンタッグのできやすい場所にわきの下がありますが、これはわきの部分が服や体と擦れる機会が多いためと考えられています。

またわきは汗をかきやすい場所であるのも原因のひとつとされています。

太った方にもスキンタッグができやすいとされています。肥満の方は皮膚同士が擦れやすく、汗もかきやすいためと考えられます。

 

 

皮膚代謝の低下

更年期を過ぎた女性にもスキンタッグができやすいです。

閉経すると女性ホルモンのエストロゲン量が低下します。

女性ホルモンが減ると肌のターンオーバーが遅くなるので、肌細胞がはがれにくくなりスキンタッグができやすくなります。

 

 

スキンタッグができる理由

刺激が加わるとザラザラのスキンタッグができやすいのは、肌の細胞が入れ替わることと関係しています。

肌の細胞は一定周期で入れ替わっています。普通の人では約28日周期で肌細胞が変わっており、これをターンオーバーといいます。

肌に刺激が加わると、肌を刺激から守ろうとしてその部分の肌細胞がたくさん作られます。その反応自体は体の反応として普通のことです。刺激が原因でたくさん作られた肌細胞も、ターンオーバーによって剥がれ落ちていきます。

老化による現象にはターンオーバーの周期を遅らせるものがあります。肌の代謝が落ちると、たくさん作られた肌細胞は積み重なってしまい、スキンタッグのようなザラザラな首イボを生じてしまうのです。

 

スキンタッグの症状

スキンタッグの症状は首や顔、胸などの部分にイボができるだけです。それ以外にスキンタッグによる症状はありません。

スキンタッグ自体に痛みを感じることは少ないとされています。

スキンタッグは皮膚の細胞が集まっているだけですから、首イボの中に神経があるわけではありません。

しかしスキンタッグがあると服やネックレスなどに引っかかることがあります。そのときに周囲の皮膚が引っ張られて痛みを感じることがあるため注意が必要です。

スキンタッグが原因で受診される多くの場合、美容上の問題を挙げる方が多いです。

スキンタッグは小さな首イボですが、顔や首などの見られやすい部分にできやすいので、見た目を気にされてスキンタッグの除去をお願いされる方がほとんどです。

 

スキンタッグの成長・再発

スキンタッグは皮膚の細胞が過形成を起こすことで生じます。そのためスキンタッグのイボはいきなり大きなものができるのではなく、徐々に大きくなっていきます。

ザラザラとした首イボが小さい頃はスキンタッグではなく、アクロコルドンと呼ばれます。

スキンタッグとアクロコルドンの違いはイボの大きさのみですから、イボが出来る理由などは同じです。

アクロコルドンを放置していると、首イボが大きくなりスキンタッグになります。

スキンタッグは皮膚に刺激が加わってできやすいので、同じ理由でできやすいとされているシミと同じ部位にできることがあります。その場合スキンタッグの色は茶色や黒色を示すことがあります。色が付いているスキンタッグはホクロと間違われやすいです。

もちろんスキンタッグが単独で生じることもあるため、その場合は肌色の首イボとなることが多いです。

スキンタッグは一度できると再発する可能性が高いです。

スキンタッグができる原因は紫外線などの刺激が蓄積するために起こります。

ですからスキンタッグの治療をしたからといって、スキンタッグができにくくなるわけではありません。

スキンタッグの再発を防ぐためには、紫外線を遮光するなど原因を取りのぞく必要があります。

 

スキンタッグができやすい場所

スキンタッグができやすい場所には以下のものがあります。

顔、首

顔や首はスキンタッグができやすい場所です。これらの場所は紫外線を浴びることが多いので、スキンタッグを生じるリスクが高くなります。顔や首にスキンタッグが生じると首イボが目立ちやすいので、これらの場所にできたスキンタッグは治療されることが多いです。

 

前胸部、脇

前胸部や脇は服で紫外線が遮光されるため、顔や首のように紫外線によるスキンタッグの発生頻度は少ないです。ただしこれらの部位は服と擦れやすいので、刺激によってスキンタッグができやすい環境になります。前胸部や脇は発汗が多い部位ですので、スキンタッグが生じるリスクが高くなります。

 

 

若い人でもスキンタッグはできるの?

スキンタッグは老人性イボと呼ばれることが多いですが、若い方でもスキンタッグを生じることがあります。屋外に出ている時間が長い人や汗をたくさんかく人などはスキンタッグが出てきやすいです。

 

スキンタッグと他のイボの違い

スキンタッグは肌にできる小さなイボです。肌に生じるイボはスキンタッグ以外にもありますから、それぞれのイボの特徴をご紹介します。

 

アクロコルドン

スキンタッグよりもやや小さいイボです。1mm程度のものが多く、アクロコルドンが大きくなるとスキンタッグになります。

スキンタッグとアクロコルドンは大きさ以外に見分けることができません。スキンタッグと同じく、アクロコルドンを放置しても問題になることは少ないですが、首イボが大きくなると服に引っかかって痛みを生じやすいです。

 

軟性繊維腫

スキンタッグの直径が5mmを超えると軟性繊維腫と呼ばれます。スキンタッグが大きくなっただけですので、放置しても問題はありません。

ただし軟性繊維腫まで大きくなると皮膚から飛び出る方向にも伸びていくので、服に引っかかりやすくなります。見た目にもかなり目立つため、軟性繊維腫にまで大きくなったなら治療をした方が良いでしょう。

 

懸垂性繊維腫

軟性繊維腫と似ていますが、大きさはこちらの方が大きいです。

首イボが垂れ下がるようになっていることが多いため、懸垂性と呼ばれます。

懸垂性繊維腫も良性腫瘍ですから、治療を行わなくとも問題はありません。

しかし垂れ下がっている場合、肌を引っ張りやすいので痛みを生じやすいです。

 

この首イボはスキンタッグと同じく良性の腫瘍です。

首イボが大きくなる速度は比較的ゆっくりであり、切除しても周囲に首イボができやすくなることはありません。

 

スキンタッグと間違えやすい怖い病気

上記で挙げた以外にも肌に首イボを生じることがあります。その中でも、スキンタッグに似ていて放置するのは良くないものを紹介します。

 

偏平疣贅(へんぺいゆうぜい)

ウイルスによって生じる首イボです。大きさは直径2mm〜1cmほどであり、色は黒色や肌色、隆起していることが多いためスキンタッグと良く似ています。

ウイルス性である偏平疣贅は、免疫機能が弱まっていると発症しやすくなります。体調を崩した時に首イボが出てきた時には注意が必要です。

スキンタッグと異なる点は発症しやすい年齢です。偏平疣贅は20代にできやすいので、その年代以降にできた首イボは偏平疣贅の可能性が小さいです。

 

尋常性疣贅

ヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスが原因で発症します。1mm程度の小さな首イボが生じるのが特徴で、放置していると大きくなっていくので注意が必要です。

 

偏平疣贅や尋常性疣贅はウイルス性の首イボです。ウイルス性の首イボは感染力があるので、首イボを無理に取ったりすると周囲にウイルスが飛び散って、首イボが増える可能性があります。放置して治ることもありますが、感染が広がる可能性もあるため、イボの切除や薬による治療を行います。

 

スキンタッグを予防するには

スキンタッグを予防するには、スキンタッグが生じる原因になることを避けなければいけません。

スキンタッグが生じる大きな原因は紫外線を浴びることです。紫外線を浴びる量が減ると、スキンタッグができるリスクを減らせます。

紫外線を防ぐには日焼け止めやサングラスなどを使って、肌に浴びる紫外線を減らしましょう。夏場でなくとも紫外線は出ているため、冬でも外出時には日焼け対策を行うことが必要です。

スキンタッグは皮膚に摩擦が生じると発生するリスクが上がります。そのため肌に摩擦がかからないように工夫する必要があります。しかし服を着ることで紫外線を防げるというメリットもあるので、むやみに肌を擦らないようにしましょう。

スキンタッグは肌のターンオーバーが崩れると発症しやすくなります。ストレスや寝不足はターンオーバーが遅くなる原因ですから、ストレスのない規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

スキンタッグが生じたときには

スキンタッグが生じた際には治療を行うかどうか考える必要があります。皮膚にスキンタッグができた場合、放置しても問題ないことが多いですが、首イボが大きくなる可能性はあります。特に顔や首などにできた場合、見た目の問題もありますから治療した方がいいでしょう。

また首イボが擦れて痛みを感じることがある場合も治療を検討する必要があります。

スキンタッグの治療を行う際には皮膚科に受診するのが一般的です。皮膚科は首イボの切除を行うための機材が充実していることが多いので、液体窒素や電気焼却、炭酸ガスレーザーなどの治療を行える可能性があります。

肛門付近にできたイボならば肛門科などの受診もできますが、スキンタッグの治療を行える機材が十分に揃っていないことがあるため、スキンタッグを疑った場合は皮膚科を受診してください。

 

スキンタッグを取っても大丈夫?

スキンタッグは小さい首イボですが、垂直方向に大きくなっていくことがあるので服などに引っ掛かり、取れてしまうことがあります。それ以外にも、イボを触りすぎてしまうと取れてしまう場合もあります。

スキンタッグが皮膚から取れること自体は問題ありません。スキンタッグはウイルス性の首イボと異なり感染力を持たないので、首イボを取ることで周囲に首イボができやすくなることはありません。

スキンタッグが取れた場合、取れた場所の皮膚を消毒しておきましょう。スキンタッグが取れた場所は傷口になりますので、細菌が侵入すると化膿することがあるので注意してください。

 

スキンタッグを手やピンセットで取るのはOK?

スキンタッグは良性の首イボですから、とってしまっても問題ありません。皮膚科でのスキンタッグの治療にはピンセットによる首イボの除去があるので、自分で処理しても問題ない気がします。

しかしスキンタッグの切除を自分で行うのはオススメできません。手やピンセットには細菌がたくさん付着しているので、スキンタッグをとった傷跡から細菌が皮膚に侵入する可能性があります。

またスキンタッグの切除に慣れた方でなければ、切除する際に痛みを伴いやすいです。他の首イボとの鑑別のためにも、肌に首イボができた時には医師に相談するのをオススメします。

\ SNSでシェアしよう! /

首イボ治療を簡単に自宅で行う方法を紹介しています。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

首イボ治療を簡単に自宅で行う方法を紹介しています。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nana

nana

現役国立医学生nanaがスキンタッグや老人性イボなど首に出来てしまったイボの治療方法を紹介しています。
それぞれの首イボ治療方法のメリットやデメリット、費用や保険についてなどわかりやすく解説できるよう心がけています。

こちらもオススメ

  • 稗粒腫とは何か?