1. TOP
  2. 木酢液でイボ治療は出来る?木酢液の効果や注意点など

木酢液でイボ治療は出来る?木酢液の効果や注意点など

イボ治療商品や成分
この記事は約 3 分で読めます。 194 Views

木酢液はアルコール成分もふくまれており、殺菌・消毒作用もあることからアトピーや水虫、イボ治療などに対して民間療法の一つとして古くから注目されているのです。

木酢液とは木材を乾燥させる時に出る液体のことですが、炭を焼く時に出る煙が外気との温度差で冷やされ含まれている水分が水滴となって落ちてきたものです。

赤褐色や茶褐色をしています。

含まれている成分は酢酸など木材由来の有機酸やアルコールを始め200~400種類もあると言われています。

動物避けや病害虫対策等、農薬的な用途に使用されていることは周知のことでしょう。

 

木酢液は身体に使っても大丈夫?

身体に関して言うなら、特記すべきは木酢液は新陳代謝を活発にさせ古い細胞を洗い流し肌をきれいにする効果があるということです。

つまり皮膚の古い角質を柔らかくしたり、引き締めたりすることで肌を若返らせる効果があるのです。

しかしどんな木酢液もイボに有効なわけではありません。

治療に使用するなら商品選びと使い方に注意を払わなくてはなりません。

 

木酢液をイボに使う方法

ガーゼ木酢液の使用方法ですが、ガーゼやコットンに含ませ目的の位置に貼り付け絆創膏で固定します。30分程度経過したらはがします。

これを2週間から1か月程度続けるとイボはピンセットでも簡単に取れるような状態になります。

手足のような皮膚の強い場所なら原液のままでも利用できるのですが、首は皮膚が弱い場所でもあります。

使用する際は10倍程度に希釈して使用すると良いでしょう。

酸性の液を使用するので肌の弱い人には刺激が強い場合もあり、使用後に皮膚が赤くなったりすることもあります。

その場合は日数をあけてからもう少し濃度を低くして使用してみましょう。濃い物を使用すると肌が赤くなったりヒリヒリしたり、痒みを感じることもでてきます。

 

木酢液の注意点

使用にあったて注意することは上記の通り、原液では使用しない、時間を長くしすぎない、そして飲用ではありません。

また商品選びに関しての注意点をあげてみます。

木酢液ならどんなものでも効果が同じというわけではありません。

使用する木材や製造工程によって品質は大きく左右されます。

安全であり効果のある商品を探すポイントを挙げてみると、専門店で購入するのが一番確実でしょう。

また購入する場合は窯元直売のものを選びましょう。原液100パーセントで不純物を含まれないもの、2年以上熟成したものが望ましいです。

そして口コミを参考にすると色々な角度からの商品の善し悪しが見えてくるでしょう。

イボの他にも皮膚疾患に対しては入浴剤的な使用方法もあり、色々研究してみるのも面白いと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

首イボ治療を簡単に自宅で行う方法を紹介しています。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

首イボ治療を簡単に自宅で行う方法を紹介しています。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nana

nana

現役国立医学生nanaがスキンタッグや老人性イボなど首に出来てしまったイボの治療方法を紹介しています。
それぞれの首イボ治療方法のメリットやデメリット、費用や保険についてなどわかりやすく解説できるよう心がけています。

こちらもオススメ

  • ナスのヘタでイボがとれる!?ナスに含まれる植物性アルカロイドの効果とは

  • ティーツリーでイボ改善できる?

  • バイオイルでイボがとれるってホント?バイオイルの効果や評価について

  • オロナインでイボ治療が出来る?

  • アンミオイルでイボ退治!アンミオイルの成分やイボへの効果を紹介しています。

  • アプリアージュオイルを使用してイボを取るなら