1. TOP
  2. 20代で首イボが出来た?若い年齢で出来た首イボの原因と対策方法について

20代で首イボが出来た?若い年齢で出来た首イボの原因と対策方法について

首イボコラム
この記事は約 6 分で読めます。 65 Views
20代

もしまだ20代なのに首にイボのようなものができてしまったら。ショックですよね。

首にできるイボは老化現象でできるイメージがありますし、見た目の印象もよくありません。

こんなに早く老けてしまった…。なんてショックを受けるのも無理はありませんが、そのイボは本当に老化現象でできたのでしょうか?

すぐにでも治したい。その気持ちはよくわかります。でも、まずは原因を知って適切な対策をしていきましょう。

 

 

20代でもできてしまう。イボの種類について

20代で首にイボができてしまった場合、老化ではなく紫外線やホルモンバランスの崩れによってできてしまったと思った方がいいでしょう。

顔ではなく首にイボができてしまった場合はアクロコルドンというイボの可能性が高いですが、顔にできた場合なども含めて種類の見極めは大切です。

原因によって対策が異なりますし、20代でできるイボには種類が複数あるからです。

まずは焦らずに、イボの種類について知っていきましょう。

 

 

アクロコルドン

首のイボで、最も一般的なものは「アクロコルドン」と呼ばれる老人性疣贅(イボ)です。

その名の通り「老人性」なので、老化現象によってできるというイメージがあるかもしれませんが、原因はそれだけではありません。

紫外線による肌のターンオーバー不良や、摩擦などにより肌のバリアが壊れてしまって発生します。つまり、「アクロコルドン」と呼ばれる老人性疣贅(イボ)は「老化」だけが原因ではないということです。

たしかに30代以上の女性に多いというデータもありますが、20代でできるのも特別不思議ではないということを覚えておきましょう。

アクロコルドンと呼ばれるイボの大きさは大体1~2mmで、米粒くらいの大きさをしています。色は茶色や肌色をしています。

化粧水やクリームによる自然な治し方も有効ですし、医療機関で除去することも可能です。自然に治ることもあるくらいです。

もし20代でできてしまったイボの色が黒だった場合は、一般的な首のイボの対処法では難しい可能性があるので覚えておいて下さい。

 

 

脂漏性角化症

イボの種類はアクロコルドンと同じですが、このイボは顎、頬骨の部分、手の甲にできることが多いのが特徴です。

色が黒なのでアクロコルドンとははっきり違うと認識できると思います。こちらも老化でできるイメージが強いイボですが、20代でできることもあるので油断は禁物です。

日焼けによってシミができて、そのシミに更に紫外線が積み重なり盛り上がってイボ状になったものを脂漏性角化症と呼びます。

大きさは数mm程度の小さなものから数cmあるものまで様々です。大きいものでは表面が岩のようにデコボコしてしまいます。

盛り上がって大きくなってしまった場合は、自然に治癒を目指すよりも医療機関での除去がオススメです。

 

 

若年性扁平疣贅

この種類のイボは10~20代の若い世代にできるイボです。

ニキビと同じく顔にできるので思春期の頃にニキビや吹き出物と呼ばれるのがこのタイプのイボです。

「アクロコルドン」との違いは、ウイルスによって感染するタイプのイボであるということです。

 

名前の通り扁平で、肌色かやや薄い茶色がかった1~3mm程のイボがポツポツとできます。

このタイプのイボがあるときは顔を剃ったりスクラブ洗顔は控えることが大切です。

余計に悪化してしまうことがありますからね。

アクロコルドンと見た目が似ていますが、こちらは顔にのみできることが特徴で、首にできることはほとんどありません。
自然に治癒される種類のイボなので、できる限り刺激を与えないようにして、痛みがかゆみがひどい場合は医療機関を受診しましょう。

 

 

20代でできてしまった首のイボの対処方法

首にできてしまったイボは、悪性のものを除き自然に治癒していく方法が肌には一番優しいです。

しかし、20代でできてしまった場合はゆっくり待ってなんかいられない、というのが本音かもしれませんね。

医療機関で除去する方法と、ケア商品で自然に治癒していく方法があるので、自分に合った対処方法を選びましょう。

 

 

医療機関で除去してもらう

直接的に首のイボをなんとかしたいと考えるなら、医療機関でイボを除去してしまう方法が一番です。

病院で治療してもらうにしても、

  • ハサミによる切除
  • 液体窒素による除去
  • レーザー治療による除去

があることを覚えておきましょう。

専門家にお願いできるわけなので信頼度は高いですし、最短で除去できるというメリットもあります。

しかし、イボの種類によっては使えない方法もありますし、何回も通わなければならない場合もあります。

20代でイボの治療をする場合は肌への負担も考えて医師に相談してみましょうね。

 

 

化粧水やクリームによるケア

クリーム自然治癒が見込めるようなイボの場合、化粧水やクリームを使ってのケアも非常に有効です。

なにより肌に負担をかけないというのが大きいですね。

20代ならまだ肌も若いので、元々の肌のハリを取り戻すためにも、化粧水やクリームでの保湿を心がけましょう。

保湿をすることで首のイボがなくなったという例もあります。

保湿ができるのであればどんな化粧水やクリームでも構いませんが、首のイボに効果があるとされる化粧水やクリームを使うことでさらに効果が期待できるでしょう。

20代ですと、まだ肌のケアに熱心ではないかもしれませんが、顔だけでなく首周りも意識してケアしていきましょうね。

 

 

老化ではないので落ち込む必要はありません

若いうち、10代や20代での首のイボは見た目を気にする年頃だけに、ショックが大きいと思います。

ですが、日々のケアで十分によくなることが見込めるので、まずは日常のケアで改善と予防をおこなっていきましょう。

紫外線が原因となることも多いので、外に出ることの多い人は日焼け止めクリームを首元にも塗って、紫外線対策もしっかりおこなってみて首イボ予防をしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

首イボ治療のRemovoの注目記事を受け取ろう

20代

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

首イボ治療のRemovoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nana

nana

現役国立医学生nanaがスキンタッグや老人性イボなど首に出来てしまったイボの治療方法を紹介しています。
それぞれの首イボ治療方法のメリットやデメリット、費用や保険についてなどわかりやすく解説できるよう心がけています。

こちらもオススメ

  • 妊娠してから首イボが増えた!?妊娠中の首イボ原因と対策方法について

  • 首のぶつぶつは治せるの?イボ状の首のぶつぶつを治す方法を公開しています。

  • 感染するイボの種類とイボの 感染を防ぐポイントは?

  • 首イボがかゆい!かゆみの原因や対策方法まとめ